警備事業

警備業務は公安委員会の届出と所轄警察署の指導、警備業法のもと、業務に従事しております。
したがって、他の業種よりも各員の提出書類が多くなってしまいます。

 

◆必要書類 

 

登記されていないことの証明書(公安委員会)
住民票(公安委員会)
身分証明書(公安委員会)
診断書(公安委員会)
誓約書(公安委員会)

 

下記の服装も警察に届け出しています、各警備会社によって違いますが、それ以外の服装で従事できません。

 

    

 

 1号業務とは一般的に「施設警備」「常駐警備」と呼ばれる警備業務のことです。

 

 

  

 

 施設警備

 

 施設警備の重要業務は、出入管理、巡回、視業務を行い、主に犯罪を警戒未然に防ぐ「防犯」、天災等による被害
 を最小限度に留める「防災」となります。

 

 ・防災監視
 ・防犯監視/巡視
 ・巡回巡視
 ・入退出管理
 ・鍵管理業務
 ・非常事態対処
 ・要救護者の身柄を救急隊に渡すまでの一時的保護


 
 

 

 2号業務とは一般的に「交通誘導警備」「雑踏警備」「イベント警備」
 と呼ばれます。

 

 

 

 

   

 

 

  交通誘導警備業務道路工事現場や駐車場等へ出入りする車両が道路を通行する車両等や歩行者に迷惑
 にならないようにまた事故の発生を防止するために、その出入りを誘導したり、道路工事が一般交通に
 及ぼす影響を軽減するため、安全に一般車両や歩行者の通行を誘導する警備業務です。
 一般歩行者・一般車両の自発的な協力に基づき、道路交通法に従い警備業務を行います。

 

 

 

 雑踏警備業務
  「雑踏」とは、祭礼、興業、競技、その他催し物等に際して、一定の限られた場所に定多数の人や車が
 集中し、混雑する状態のことをいいます。
  雑踏警備業務では、これらの雑踏内の重要地点・地域に警備員を配置し、交通誘導、入退場整理等をが
 発生した場合は、速やかに事態を収拾し、事故の拡大を防止します。
 また、事故が発生した場合は、速やかに事態を収拾し、事故の拡大を防止します。
  群衆の協力を求めることで効果を発揮する警備ですから、常に謙虚で正しい言葉使いを行う「礼節」を
 もって警備業務を行います。

 

過去の実績
・サッカー日本代表・アルビレックス新潟・アルビレックスBB・トキめき国体

柔道競技・V6コンサート会場・新潟花火・長岡花火・水原祭り・新潟シティマラソン    …etc

 


 
トップへ戻る