鉄道保安事業

鉄道保安事業

 

 

鉄道保安事業は主にJR東日本列車見張員踏切監視員等を行います。

 

一般的にあまり知られていない業務ですが、主に警備会社が請け負います。
本業務における弊社の技術力は県内最高と評されております。

 

列車見張員とは

 

 列車見張員は、線路の工事、あるいは線路の近隣地で工事をする際に、鉄道車両の接近を見張り、
工事関係者の安全を確保するための作業員に必要な業務です。
営業車両近接の工事をおこなうときは、見通し距離を確保するために、必要な人数が定められてお
り、足りなければ工事そのものが、停止する非常に重要なポジションです。

 

   

 

 

弊社では、鉄道電業安全協会の講習を合格した者が業務に従事します。

 

1年毎に更新講習が行われ、
・事前講習
・実技 列車接近合図等
・筆記 専門用語の意味等
3年毎にクレペリン検査

 

を実施し、基準に満たした者が従事します。

 

 

 

 医学適性検査

 

項目 判定基準
視力

各眼0.7以上又は1眼1.0以上他眼0.5以上のもの、若しくは各眼が矯正眼鏡
により0.7以上に矯正できるもの

色覚 正常なもの
聴力

両耳とも、1,000HZ又は低音域平均聴力レベルが40dB以内、4,000HZ又は
高音域平均聴力レベルが65dB以内のもの

その他 正常なもの(所見のないもの)

 

  

 

 
トップへ戻る